映画『イコライザー2』の動画を無料フル視聴できるおすすめ配信サイト一覧

映画『イコライザー2』は、デンゼル・ワシントンが元CIAの工作員で正義の味方となるロバート・マッコールを演じたアクションスリラーです。この映画の動画を視聴できる配信サイトは、以下の通りです。
U-NEXT:見放題配信中。初回31日間無料トライアルあり。
ABEMA:見放題配信中。初回2週間無料トライアルあり。
Amazon Prime Video:見放題配信中。初回30日間無料トライアルあり。

総合評価

口コミ評判

口コミ評価点数は、WEBを調査した結果、以下のようになりました。

映画.com:★★★☆☆(3.4点)
Filmarks:★★★☆☆(3.7点)
Yahoo!映画:★★★☆☆(3.6点)
以上の情報から、映画『イコライザー2』は、平均して3.5点程度の評価を得ていることがわかります。デンゼル・ワシントンのカッコいいアクションや正義感が魅力的だという意見が多く見られましたが、一方でストーリーやキャラクターに物足りなさを感じたという意見もありました。

配信サービス

U-NEXT 31日間の無料お試し期間

👉詳しくはこちら

公開年 2018年

あらすじ
さらに詳しく

映画『イコライザー2』は、元CIAのマッコールが親友の死に隠された陰謀に挑むスリラーです。かつての相棒である裏切り者との壮絶な戦いを描きます。アクションとサスペンスが満載の続編です。
キャスト
  • デンゼル・ワシントン:主人公のロバート・マッコールを演じる。元CIAの工作員で、タクシー運転手として働きながら、裏で正義の味方として活動する。
  • ペドロ・パスカル:マッコールのかつての相棒で、裏切り者となったデイブ・ヨークを演じる。CIA局員で、暗殺の副業を始めたことでマッコールと敵対する。
  • アシュトン・サンダース:マッコールが助けることになる絵描きの少年マイルズ・ウィテカーを演じる。母子家庭に暮らす高校生で、街のギャングに誘われて違法薬物を売ろうとするが、マッコールに叱責されて更生する。

 

監督 アントワン・フークア
見どころ
さらに詳しく
『イコライザー2』はデンゼル・ワシントンがタクシードライバーに変身。彼の格闘センスと「弱きを助け、強きを挫く」信念が光る。トルコからアメリカまでの舞台で繰り広げられる元戦友の裏切りと復讐の戦いは圧巻。親友の死が彼を復讐鬼へと変える。

おすすめ動画配信サービス

U-NEXT

  • 豊富なコンテンツ:映画、ドラマ、アニメ、そして電子書籍など、210,000本以上の動画と610,000冊以上の電子書籍を取り揃えています。
  • 31日間の無料トライアル:新規登録時に31日間無料でサービスを利用することができます。
  • 多様なジャンル:洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジア、国内ドラマ、アニメ、キッズ、TV番組、エンタメ、報道・スペシャルなど、さまざまなジャンルのコンテンツが楽しめます。
  • 電子書籍も充実:マンガや雑誌、ラノベ、書籍など、読み放題の雑誌や人気のマンガも取り揃えています。

2023年10月U-NEXT映画ランキング

1位:わたしの幸せな結婚
2位:ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー
3位:流浪の月 -本編+U-NEXT限定 未公開映像特典付き-
4位:ワイルド・スピード/ファイヤーブースト
5位:ジョン・ウィック
6位:MEG ザ・モンスター
7位:なのに、千輝くんが甘すぎる。
8位:ジョン・ウィック:チャプター2
9位:ジョン・ウィック:パラベラム
10位:キル・ビル Vol.1

👉さらにランキングをチェック

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)は、TSUTAYAが提供するレンタルDVD・Blu-rayと動画配信サービスです。以下にその主な特徴とメリットをまとめます。

  1. 宅配レンタル:DVDやBlu-rayを自宅に配送してくれるサービスで、返却もポスト投函でOK。店舗に行く手間が省けます。
  2. 動画配信も充実:オンラインでの動画配信サービスも提供しており、スマートフォンやタブレット、PC、テレビで視聴可能です。
  3. 豊富なラインナップ:新作映画から懐かしの名作、ドラマ、アニメ、音楽など、幅広いジャンルの作品を取り揃えています。
  4. Tポイントが貯まる・使える:TSUTAYA DISCASの利用でTポイントが貯まり、TSUTAYAやファミリーマートなどTポイント加盟店での利用が可能です。
  5. 初回30日間無料トライアル:新規登録時に30日間無料でサービスを利用することができます。
  6. 返却期限なし:宅配レンタルの場合、返却期限がないため、自分のペースで鑑賞することができます。

Hulu(フールー)

Hulu(フールー)は、日本でも非常に人気のある動画配信サービスです。以下にその主な特徴とメリットをまとめます。

  1. 豊富なコンテンツ:Huluは、洋画、邦画、ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリーなど、多岐にわたるジャンルの作品を取り揃えています。
  2. オリジナル作品:Hulu独自のオリジナル作品も多数配信。これらの作品はHuluでしか視聴できないため、独占的な魅力があります。
  3. 月額料金固定:一定の月額料金で、全てのコンテンツを見放題。追加料金や広告なしで快適に視聴できます。
  4. 多様なデバイス対応:スマートフォン、タブレット、PC、テレビ、ゲーム機など、さまざまなデバイスで視聴可能。
  5. ダウンロード機能:一部の作品はダウンロードしてオフラインでの視聴も可能。移動中や通信環境の悪い場所でも楽しめます。
  6. 字幕・吹き替え選択:多くの外国作品で、字幕版と吹き替え版を選んで視聴することができます。
  7. 複数プロフィール作成:1つのアカウントで最大6つのプロフィールを作成可能。家族や友人と共有しても、それぞれの視聴履歴やおすすめが混ざることがありません。

DMM TV

  1. 新作アニメの見放題作品数No.1:DMM TVは新作アニメの見放題作品数で業界トップを誇っています。
  2. 業界最安値の月額料金:月額550円という価格で提供されており、他の動画配信サービスと比較しても非常にリーズナブルです。
  3. 見放題配信数が豊富:17万本以上の動画が見放題で配信されています。
  4. オリジナルコンテンツの提供:DMM TV独自のオリジナルコンテンツも配信されており、他のサービスでは見られない作品を楽しむことができます。
  5. 30日間の無料トライアル:新規登録者は30日間無料でサービスを試すことができます。
  6. DMMポイントでの支払いが可能:月額料金の支払いにDMMポイントを使用することができるため、DMMポイントを持っているユーザーにはメリットがあります。
  7. アニメや2.5次元舞台の配信が充実:特にアニメや2.5次元舞台の作品が多く、これらのジャンルが好きなユーザーには特におすすめです。

ABEMAプレミアム

  • 月額料金(税込): 960円
  • 配信作品数: 約1万本以上
  • 無料トライアル: 2週間
  • 同時再生可能台数: 2台
  • 視聴可能デバイス: スマホ / タブレット / パソコン / テレビ
  • 倍速: 1〜1.5倍速
  • ダウンロード: アプリのみ可能
  • 画質: 最高画質から通信節約モードまで
  • 支払い方法: クレジットカード / キャリア決済 / App Store・Google Playでの定期購入 / Amazonアプリストア決済
  • ABEMAプレミアム限定オリジナル作品がある

映画『イコライザー2』の詳しいあらすじ

映画『イコライザー2』は、元CIAの工作員でタクシードライバーとして働くマッコールが、親友で上司のスーザンが殺された事件の真相を追うアクションスリラーです。マッコールは、スーザンが手がけていた任務に関連して、CIAの内部に裏切り者がいることを突き止めます。その裏切り者は、マッコールのかつての相棒であるデイブでした。デイブは、CIAに見捨てられたと感じて、暗殺の副業を始めたのです。マッコールは、デイブとその仲間たちとの死闘を繰り広げます。最後には、マッコールはデイブを倒し、スーザンへの復讐を果たします。

映画『イコライザー2』の見どころ

映画『イコライザー2』は、名優デンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション映画の第二弾です。前作ではホームセンターで働く平凡な中年男性、ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)の姿が描かれましたが、今作ではタクシードライバーとしての彼が登場します。彼の抜群の格闘センスと、どんな困難にも動じない姿が見どころです。また、「弱きを助け、強きを挫く」という信念を持つマッコールの活躍が続く中、トルコ、ベルギー、アメリカと舞台が移り変わり、元戦友の裏切りなどの展開が待ち受けています。特に、親友であるスーザンの死がマッコールを復讐鬼へと変え、彼の元戦友たちとのハイレベルな戦いが繰り広げられるシーンは見逃せません。

良い口コミ・評判まとめ

  • デンゼル・ワシントンの演技が最高で、主人公のロバート・マッコールは穏やかで親切で最高に魅力的
  • アクションが素晴らしく、敵の後頭部に電動ドリルで穴を開けるシーンが恐ろしい
  • マッコールの過去が深く掘り下げられており、人間性が前作より濃くなっているのも魅力のひとつ
  • 終盤の暴風雨が直撃する海辺の町で格闘と銃撃戦が展開するシークエンスがオリジナリティに富み大いに楽しめた
  • 市井の人たちを裏でこっそり助けてあげるのが、シリーズの売り物であり、マッコールの正義感が魅力的だという意見が多く見られた
  • マッコールとダコタ・ファニング演じるテレサとの再会や、絵描きの少年との父子関係にも似た友情など、感動的な場面もあった
  • デンゼル・ワシントンとアントワーン・フークワ監督のバディっぷりが伝わってくるし、デンゼル・ワシントン初の続編映画ということもあり、ファンにはたまらない作品だった

悪い口コミ・評判まとめ

  • 前作はレオンのようにクールだったが、今作は単なる復讐劇になってしまった。
  • 予告編にあった「同じイコライザー同士の戦い」の割に、主人公が強すぎて、途中から「これは一方的な処刑では?」と疑問を抱くレベルだった。
  • 1作目は「好感を持っている娘を守る」のが戦うモチベーションだったが、本作は「元上官の友人が殺された復讐」で、事件に直接関係ないエピソードが入っているものの、「事件後の未来」に対する希望や爽快感が前作と比べて少ない。

キャスト情報

  • ロバート・マッコール:デンゼル・ワシントン(大塚明夫)。元CIAの凄腕工作員で、現在はタクシー運転手として働いている。困っている人を助けるために、裏稼業としてイコライザーとしての活動を続けている。親友で元上官のスーザンが殺されたことをきっかけに、裏切り者の元同僚と対決することになる。
  • デイブ・ヨーク:ペドロ・パスカル(西健亮)。CIA局員で、マッコールのかつての相棒。マッコールが死んだと思っていたが、彼が生きていることを知り驚く。スーザンの死の真相解明に協力するように見えるが、実は彼こそが黒幕であり、マッコールの敵対者である。
  • マイルズ・ウィテカー:アシュトン・サンダース(福西勝也)。母子家庭に暮らす絵描きを目指す高校生。学校には乗り気ではなく、街のギャングに誘われて違法薬物を売ろうとするが、マッコールに叱責されて更生する。マッコールのアパートを修復する作業中に、デイブたちに人質にされるが、マッコールに助けられる。
  • ブライアン・プラマー:ビル・プルマン(安原義人)。スーザンの夫で、マッコールの友人。博識な学者で、ネパールの地政学に関する本を出版した。スーザンの死後はマッコールに協力し、彼女の遺品を渡す。
  • スーザン・プラマー:メリッサ・レオ(高島雅羅)。CIA時代からのマッコールの友人で、元上官。現役復帰して捜査に当たっていたが、ガルベル夫妻殺害事件の真相に気づいたことでデイブたちに殺される。彼女の死がマッコールの復讐のきっかけとなる。

おすすめする人

  1. アクション映画ファン:映画には多くのアクションシーンが含まれており、特にデンゼル・ワシントンの演技が見どころとなっています。
  2. 復讐劇が好きな人:本作は復讐をテーマにしており、正義感の強い主人公が悪を討つストーリーが展開されます。
  3. 前作『イコライザー』のファン:前作の続編としての要素も多く、前作を楽しんだ人は続きの物語も楽しむことができるでしょう。
  4. デンゼル・ワシントンのファン:彼の魅力的な演技とキャラクターが本作の大きな魅力となっています。
  5. モラルや正義について考えるのが好きな人:映画はただのアクションだけでなく、正義やモラルについての深いテーマも扱っています。

おすすめしない人

  1. グロテスクなシーンが苦手な人:映画には暴力的なシーンやグロテスクな描写が含まれているため、それらが苦手な人は避けた方が良いかもしれません。
  2. 深いストーリーを求める人:アクション要素が強いため、複雑なプロットや深いキャラクターの背景を求める人には物足りないかもしれません。
  3. 静かなドラマやロマンスを好む人:本作はアクション映画であり、ロマンティックな要素や静かなドラマを主体とした映画を好む人には合わないかもしれません。
  4. 前作『イコライザー』を気に入らなかった人:続編であるため、前作のテイストや雰囲気が引き継がれています。前作を気に入らなかった人は、本作も同様に感じる可能性があります。
  5. リアルなアクションを好む人:映画内のアクションは時折オーバーザトップであり、現実的でないシーンも含まれています。リアルなアクションを好む人には物足りないかもしれません。

映画『イコライザー2』と同ジャンルのおすすめ映画3本を紹介

イコライザー(2014)
デス・ウィッシュ (2018)
マイ・ボディガード (2004)

動画配信サイトをチェック

👉U-NEXTをチェック
見放題配信中。初回31日間無料トライアルあり。

👉DMM TVをチェック
見放題配信中。30日間の無料トライアル

👉Huluをチェック
月額1026円。オリジナル作品も多数配信。

👉Abemaプレミアムをチェック
見放題配信中。初回2週間無料トライアルあり。

イコライザー(2014)

公開年 映画『イコライザー (2014)』は、2014年にアメリカ合衆国で製作され、同年9月7日にトロント国際映画祭で初上映されました。日本では同年10月25日に公開されました。
口コミ評価点数 映画『イコライザー (2014)』は、映画.comのユーザーレビューで平均3.9点(満5点)、シネマトゥデイのユーザーレビューで平均4.0点(満5点)、Yahoo!映画のユーザーレビューで平均3.8点(満5点)と、高い評価を得ています。
概要 映画『イコライザー (2014)』は、元CIAの凄腕諜報員のマッコールが、娼婦の少女テリーと出会ったことをきっかけに、彼女を囲うロシアンマフィアの非道を知り、警察では解決できない不正を瞬時に消していく姿を描いたアクションスリラーです。テレビドラマ『ザ・シークレット・ハンター』の劇場版であり、デンゼル・ワシントンが主演、アントワーン・フークアが監督を務めました。
おすすめポイント

映画『イコライザー (2014)』のおすすめポイントは、以下のようなものが挙げられます。

  • デンゼル・ワシントンのカリスマ性と演技力が光る主人公マッコールのキャラクター。どんな裏仕事も19秒で完遂する元CIA工作員という設定から生まれる圧倒的な戦闘能力と正義感が魅力的です。
  • クロエ・グレース・モレッツが演じる娼婦の少女テリーとマッコールとの心温まる交流。歌手になる夢を持つテリーは、マッコールから勇気づけられたアドバイスや助けを受けて、真っ当な生活を送るようになります。
  • マッコールが身の回りにあるあらゆる物を武器に変えて敵と戦うアクションシーン。特にクライマックスでは、ホームセンターでテディ率いるロシアンマフィアと対決し、工具や鉄条網線などを使って次々と倒していきます。
  • マッコールが自分を「イコライザー」と認識し、自分のスキルを必要とする人たちのために使おうと決意するエピローグ。自らが出した広告サイトに自分への助けを求める人の連絡を待っている姿が印象的です。

デス・ウィッシュ (2018)

公開年 映画『デス・ウィッシュ (2018)』は、2018年10月19日に日本で公開されました。アメリカでは2018年3月2日に公開されました。
口コミ評価点数 映画『デス・ウィッシュ (2018)』の口コミ評価点数は、Filmarksで3.5点(5点満点)、映画.comで3.3点(5点満点)となっています。
概要 映画『デス・ウィッシュ (2018)』は、チャールズ・ブロンソン主演で1974年に映画化された『狼よさらば』のリメイク作品です。ブルース・ウィリスが主人公のポール・カージーを演じています。ポールは救急救命医として人命救助に当たる外科医ですが、ある日、家族が強盗団に襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまいます。警察の捜査は進まず、怒りに燃えたポールは自ら銃を手に取り、犯人たちに復讐するために街へと繰り出します。
おすすめポイント

映画『デス・ウィッシュ (2018)』のおすすめポイントは以下の通りです。

  • ブルース・ウィリスがカッコよくて、銃の使い方を動画サイトで勉強する姿が可愛らしい
  • 内容はシンプルでわかりやすく、気軽に観れる
  • 登場人物たちは根が明るく、家族愛が強い
  • 銃社会が恐ろしいという問題提起がある
  • イーライ・ロス監督の過激な肉体破壊描写やユーモアが効いている

マイ・ボディガード (2004)

公開年 映画『マイ・ボディガード (2004)』は、2004年にアメリカで公開されました。日本では同年12月18日に公開されました。
口コミ評価点数 映画.comのレビューでは、41件の評価で平均3.7点を獲得しています。Filmarksのレビューでは、2,222件の評価で平均3.7点を獲得しています。
概要 映画『マイ・ボディガード (2004)』は、A・J・クィネルのベストセラー小説『燃える男』を原作としたアクション・スリラー映画です。トニー・スコットが監督を務め、デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングが主演を務めました。誘拐が多発するメキシコで、9歳の少女ピタを守るボディーガードのクリーシーが、彼女が拉致されたときに復讐に燃える姿を描きます。
おすすめポイント

映画『マイ・ボディガード (2004)』のおすすめポイントは、以下の通りです。

  • デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングの演技が素晴らしいです。二人の心温まる交流と壮絶な復讐劇に引き込まれます。
  • メキシコの現実を反映した誘拐ビジネスの恐ろしさや社会問題にも目を向けさせられます。
  • トニー・スコット監督の独特な映像表現や編集が迫力あるアクションシーンを生み出しています。